海上流出油の回収

カルボン酸ナトリウムやカルボン酸リチウムの長繊維状結晶が、大量の油を水中で捕捉し、固形化する性質は、依然として頻発するタンカー事故などで、大量に海上に流出する重油を、効率よく捕捉し、回収できる可能性を有する。しかしながら、一般に悪天候の中で、広大な海水中に投入して、広がった油を回収するためには、種々の解決しなければならない技術上の問題や、長繊維状結晶自体も、未だ、大いに改善する必要がある。